バルサミコ酢とワインビネガーの違いって?

バルサミコ酢とワインビネガー。
原料はぶどうだけど、
違うお酢なんだよな~(*´з`)

 

なにがどう違うんだろう?

 

気になると調べたくなり
調べたことを備忘録として
まとめてみました♪

スポンサーリンク


バルサミコ酢とワインビネガーの違い

バルサミコ酢とワインビネガーの違いは大きく2つ。

 

1つ目は、どこ国から始まったか。
2つ目は、製造方法。

 

とくに製造方法が異なることで
バルサミコ酢の独特のトロミがついているんだなってことが
わかりましたよ♪

 

バルサミコ酢の本場は?

バルサミコ酢の発祥の地はイタリア。

 

今から千年以上前、
今でもバルサミコ酢の生産地としても有名な
イタリア北部のモデナで生まれたもの。

 

でも最初の発見は
日本の甘酒などとおなじで
偶然の産物だったみたいですよ~( *´艸`)

 

時間をかけて酸っぱくなる…
自然の発酵過程で旨味を発見してされて
そこを突き詰めていかれたみたい♡

ワインビネガーの本場は

ワインビネガーの本場はフランス。

 

ワインビネガーをはじめとする
お酢を上手に使うのがフランス料理なんだとか♪

 

赤、白のワインビネガー以外にも
やシェリー酢、フランボワーズなど
お酢の種類の幅もとっても広いのがフランスです♡

 

今回調べていく中で
「うわ♪これはやってみたい!」と思ったワインビネガー使い↓↓
上柿元 勝さんの「万能!フレンチの素」

どうやって使うの?
ワインビネガーって思った方は
みてみてください♪

 

バルサミコ酢の製造方法

バルサミコ酢もワインビネガーも原料はぶどう
これは一緒です。

 

バルサミコ酢は、ぶどうを煮詰めて
木樽に入れて何年も何年も寝かせて作られます。

が、何年っていうのがとっても長く
12年とか25年とか
とにかく長い年月かかるんです。

スポンサーリンク

 

そのためぶどうを煮詰めたもの+熟成させたワインビネガー
を合わせて木樽にいれて、熟成させてつくられるものもあります。

 

そんなバルサミコ酢。

ワインビネガーの製造方法との大きな違いは
大きな木樽に入れて少しずつ
小さな樽に移し替えつつ、自然にまかせて熟成発酵させていくところ!!

 

手間も時間もかけて
のんびりじっくり発酵熟成して作られるのがバルサミコ酢です!!

 

ワインビネガーの製造方法

ワインビネガーは果実酢の一つ。

 

バルサミコ酢とおなじく原材料はぶどう。
ぶどうを圧搾してジュースにして
酵母を添加してアルコール発酵させまずはワインにします。

 

ワインで終わらず、ワインに酢酸菌をいれて
酢酸発酵させたものがワインビネガーです♪

 

発酵したお酢という点では
バルサミコ酢もワインビネガーもおんなじですが、
バルサミコ酢は自然発酵熟成!!
ワインビネガーはワイン酵母や酢酸菌を入れて発酵を促す!!

という点が大きく違いました。

 

それから出来上がりまでの年数も
バルサミコ酢は数年、数十年ととても長い年月がかかるのに対し
ワインビネガーは数か月発酵させ1年程度熟成と
バルサミコ酢と比べると短い期間で完成します。

 

使ってみるとわかるんだけど、
バルサミコ酢のトロ~リ。

それに対してワインビネガーのサラサラ感なんですよね。

 

このドロッと感とサラサラの違いが
発酵熟成期間の賜物なんじゃないかな?っと思っています( *´艸`)

 

まとめ

いかがでしたか?

おんなじぶどうが原料でも
どのように発酵熟成させるのか?
熟成期間はどのくらいか?
によって、味もトロッと感も香りも酸味も
違ったものになります♪

 

バルサミコ酢だけでも
年数によって粘度っていうのかな?
トロ~リ感も変わってくるみたいだし!

熟成年数が長くなればなるほど高価にはなるけれど
試したくなっちゃいました(笑)

 

てなわけで、
バルサミコ酢もワインビネガーも
いろいろ使ってみてまた報告していきますね( *´艸`)

 

ではまた!

最後まで読んでくださってありがとうございました!!

ポチっと応援、よろしくお願いします☟☟


人気ブログランキング

ブログ村ランキングにも参加中です♡

こちらもよろしくお願いします(*^▽^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

スポンサーリンク